更年期でやる気が起きない。記憶力や集中力の低下をどう対処する?

更年期の意欲、記憶力、集中力の低下をどう対処するか

女性ホルモン・エストロゲンの低下は女性にさまざまな試練を与えます。

 

エストロゲンの分泌が最も盛んなのが20代から30代。40代に近づくにつれ分泌量は徐々に減っていきます。生理不順になる40代半ばのエストロゲン量は初潮を迎える思春期と同レベルだといわれます。そして、閉経で卵巣が分泌するエストロゲンはほぼゼロとなるのです。

 

エストロゲンは脳の下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンが卵巣を刺激することで分泌されます。脳下垂体のそばには自律神経をつかさどる中枢がありますが、女性ホルモンの分泌が低下することで影響を受け体調や感情が不安定になることがあるのです。

 

エストロゲンの低下がセロトニンという脳内ホルモンの働きを悪くするので意欲や集中力も低下しがちになります。 引用:日経ヘルスプルミエ編 女性ホルモンを味方にする本

 

「セロトニン」は別名「幸せホルモン」と呼ばれるそうですよ。セロトニンが低下することで、どんよりと何もしたくない状態になったりするのでしょう。

 

「エストロゲン」は「痩せるホルモン」「美人ホルモン」などと呼ばれ、とにかく女性の美しさをキープするためのホルモンという事がわかります。

 

この二つのスペシャルホルモンが減っていくことで体調、精神、外見とともすれば暗黒の時代に入っていくわけです。

 

今まではこんなことなかったのに、物忘れがとてもひどくなった、仕事に支障をきたしているという方もいるかもしれませんね。
意欲の低下でやらなきゃいけないことを先延ばしにしてギリギリにならないと動けないという方も・・・

 

女性ホルモン・エストロゲンの低下を補う
エストロゲンに似た作用のある食品やサプリを摂る。
大豆や大豆製品を積極的にとりいれる。

 

セロトニン不足を補う
規則正しい生活をしてきちんと朝の光を浴びる。
適度な運動をして体を動かす。

 

面白いところでは、「感動の涙を流す」というのがありました。良い映画やドラマを観て泣いてスッキリするのも良さそうですね。
http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/kensa/column/column20141027.html

 

女性ホルモン・エストロゲンの低下は避けられません。減っていくエストロゲンを食品やサプリで補いましょう。
また、更年期を元気で過ごすために、自律神経を健康に保つ運動を欠かさないようにしましょう。これは一日30分のウォーキングでいいんだそうです。

 

それから、趣味など好きなこと充実させる時間を持つようにしましょう。

 

 

更年期サプリ比較!成分とコスパから症状に合ったものを選びましょう

 

トップページ