ホットフラッシュの症状と対策

ホットフラッシュはいつどのように起こるか?対処法やアイディアも調べてみた。

ホットフラッシュがどのような症状なのか調べてみました。

 

発言小町から体験者の声を拾ってみました。

 

 私はカバンにタオルハンカチと扇子は欠かせなくなりました。
顔も首も背中も突然暑くなり、汗はひどくない程度にかきます。
夜中に何度もホットフラッシュで起きるので困ってます。

 

 

 私の場合は夜になります。寝ていて、何かで目が覚めたら、ワァーと一気に熱くなって、汗がでます。

 

 

 私は日中、カーッと熱くなり始めたらすかさず水を2、3口飲んで体温を少し下げるようにしてました。そうするとスーッと火照りが引きました。寝てる時は目が覚めるとすでに汗かいてましたから、間に合いませんでしたけど。。。それと気持ちが焦ると余計に起きるようだったので、出来るだけ余裕持つようにしてました。

 

 

 「濡れティッシュ」をお勧めします。バッグの中に入れておけば、いざホットフラッシュになった時、濡れティッシュを使うと冷たいし気持ちが落ち着きますので、ぜひ使ってみて下さい。また、携帯ポットを忘れずに持っておくと水分補給ができます。あと、ホットフラッシュに効果的なツボやマッサージもお勧めです。

 

 

 最初に行った婦人科では漢方を勧められましたが
即効性がないためセカンドオピニオンで他の婦人科に。ホルモン補充療法(飲み薬と貼り薬)に加えてプラセンタ注射しています。始めてすぐにホットフラッシュは治まり、プラセンタのおかげでお肌もピチピチ!

 

 

 秋でも自分だけが汗を流しており、他にも更年期障害の症状があったので、漢方医を受診。症状の理解も早く、わずか二種類の漢方薬を処方され、ホットフラッシュはすぐになくなりました。

 

 

 夜中にホットフラッシュで目が覚めるのではなく、「目が覚めた」と意識したとたんにワーッと熱くなりますので、おさまるまで起きていて、また寝ます。運よく夜中に一度も起きなかったときは、朝の目覚めと同時に熱くなります。汗もでます。

 

 

 インナーは、綿は汗は吸うけど乾かないから、ダメ、「発熱、吸汗、速乾」の化繊のものを選びなさい、とありました。さっそく買ってきてみると、汗が乾くので、快適。・・・ということは、もしかしたら、夜着て寝たら、寝汗対策になるかも。

 

 

更年期サプリ比較!成分とコスパから症状に合ったものを選びましょう