更年期とは?いつ、どんな風に、どうなるの?

更年期と閉経、自律神経との関係を解説

更年期の疑問を解決

 

早い人では40歳をすぎた頃から、多くは45歳ころからなんとなく体調が不調であったり精神面でもいらいら、今までと違うなにか変化を感じる女性が増え始めます。40代以降でなんかおかしい不調と感じたら、それは女性ホルモンが減少しておこる更年期の症状である可能性があります。

 

更年期とは生理がなくなる閉経の前後5年、計10年をいいます。人によって閉経の時期が違いますので更年期の時期も変わります。閉経は一般的に50代前半に迎える人が多いようです。

 

よく耳にする更年期障害はどうなってしまうんだろうと不安に思う方は少なくないでしょう。けれど医者にかかるほど辛い症状が出る割合の方が少なく、約8割の方は生活に支障がでるほど気にならない症状だとあります。

 

更年期サプリ比較!成分とコスパから症状に合ったものを選びましょう

 

更年期障害は自律神経と大きな関係がある

 

40代になると女性ホルモン、エストロゲンの分泌が減少していきますが、エストロゲンを分泌するように指令しているのが脳の下垂体にある司令部、この司令部から卵巣に分泌命令が出されるのですが、閉経の準備に入っている卵巣は言うことをききません。そうすると脳の司令部がパニックになってお隣さんである自律神経の司令部にご迷惑をかけてしまうんですね。

 

卵巣がエストロゲンを十分に分泌できなくなっても、脳の視床下部はいままで通りエストロゲンを分泌するように下垂体に指令を出し続けます。しかし、どんなに指令を出してもエストロゲンが分泌されてこないため、「どうして分泌しないんだ!?」と脳の視床下部は非常に混乱します。

 

脳の視床下部は女性ホルモンの分泌に関わるだけでなく、自律神経もコントロールしていますので、ここが混乱すると、一時的に自律神経失調症のようになり、体のあちこちに不調があらわれはじめます。

 

自律神経は、呼吸や代謝、血圧、発汗、消化など生命維持の根幹を支える機能をコントロールしている神経で、文字通り自律していますから、自分の意思でコントロールすることはできません。そのため、エストロゲンが急激に減少すると、動悸、のぼせ、発汗、頭痛、肩こりなどの不快な症状があらわれやすくなります。症状はひとつとは限らず、複数の症状が重なることも珍しくありません。

 

また、人によっては、気分がふさいだり、不安になったり、意欲が低下したりするなど、強い精神症状に悩まされることもあります。この時期の女性は、家事や子育て、仕事の人間関係、親の介護、家族や自分自身の病気など、女性を取り巻く環境や人間関係が変化し、大きなストレスを抱えやすい年代です。こうした心理的な負担も症状を強くする一因と考えられます。

 

つまり、更年期を迎えたときに感じる、これまでとは異なる心身の不調は、卵巣機能の低下による自律神経失調症なんですね。その背景には閉経にいたる過程、卵胞の減少にともなうエストロゲンの急激な減少があるのです。

 

いつ閉経する?

平均的に生理周期が短くなったり長くなったりと月経不順になってから2年以内に閉経を迎える人が多いそうです。私のまわりの友人の話では、いままでは5~7日間あった生理が1日や2日で終わってしまうような人もいますし、いままでにはなかったような出血が多くてどうなっているのか心配した人もいます。閉経に向けた生理の周期と状態は個人差があるようなので、安心のために自己診断はせず婦人科を受診しましょう。

 

更年期の症状はどのくらい続くのか?

閉経の前後2〜3年が症状の出るピークを言われているようですが、実際は閉経後5年くらいは症状があると思った方がいいかもしれません。

 

閉経後の方がつらいという調査結果も・・・
閉経前は、疲労感、肩こり、物忘れ、発汗などの不定愁訴が多いようですが、ホルモン欠落による様々な症状に気づかされることになるかもしれません。
今までは大丈夫だったのに、閉経後の特定健診でLDLコレステロール値が大幅にアップしたなどといったことも・・・

 

閉経後にからだ美容面はどうなる?

女性ホルモンの恩恵が受けられず、コラーゲンの生成量が落ちることで肌の弾力が失われたるみ、シワが増えていきます。水分を保持する力もなくなるため乾燥が起こるのでいままで以上に潤い重視のスキンケアとヘアケアが必要と感じるでしょう。からだの変化とともに化粧品の見直しや買い替えも必要になってくるかもしれません。かといって過剰なスキンケアは禁物。

 

これまであったお肌や髪の悩みが悲しいことに顕著に目立ってきます。
たるみ、しわ、乾燥、しみ、まぶたのたるみ、
白髪、髪が細くなる、髪の量が少なくなる、髪が乾燥する。
お腹がでてきた、胸やヒップが全体的にたるむ、太って痩せない。など・・・

 

夫婦生活はどうなる?

閉経後に変化する点として、性欲がなくなった、性交回数が減ったというホルモン減少によるものがあります。この年齢になると、性交自体の頻度がまったくないのが全体の約半数のようです。また、閉経後に夫婦関係に変化が見られないというのが過半数を占めいているようです。

 

更年期のつらさ対策にしていることは?

十分な休息、睡眠をとる。
運動をする、友人と話してストレス発散、趣味に没頭する。
食事に気をつける、サプリメントをとるなどが一般的な対策のようです。

 

体調の変化が起こる年齢なので、ご家族や職場の方たちに理解を仰ぎムリをせず、この時期を乗り越えたいものですね。

 

自己診断は禁物です。一度は婦人科を受診しましょう。

生理不順、不正出血

閉経までに生理が不順になる人は多いですが個人差が大きいです。この時期の出血は無排卵出血であることが多いので基礎体温を測ってもいつ生理が来るか予測がつかないのが困ります。

 

気をつけなければいけないのは、閉経に向かう生理不順だと思い込んでいても、子宮体がんなど婦人科計疾患の不正出血である場合もあります。ですから自己判断はせず受診することが必要です。

 

更年期症状と似て疑われる病気
更年期の不正出血だと思っていたら他の病気である場合があります。子宮頸がん、子宮体ガン、ポリープ、膣の炎の場合も不正出血があるようです。
生理不順のときには他の病気ではないか検査することが重要です。必ず婦人科を受診しましょう!

 

また、更年期の症状は甲状腺機能障害と似ています。中高年女性の10人に一人は甲状腺機能低下症という高い割合だそうです。

 

更年期の症状に対する治療は?

婦人科の更年期治療にはホルモン補充療法(HRT)、漢方によるものが一般的です。
特にホットフラッシュに効果的と言われているHRTには飲み薬、貼り薬、塗り薬があります。更年期に聞くと言われている漢方薬もありますので漢方薬を処方してくれる病院を受診するといいでしょう。

 

サプリも効果的
更年期女性むけのサプリはかなりありますので試してみると良いと思います。
一般的に女性ホルモンと似た働きをする成分を配合しているものなどがあります。

 

更年期サプリ比較!成分とコスパから症状に合ったものを選びましょう

 

 

参考:
http://www.hayashi-clinic.or.jp/ladies_special_08.html
http://www.terumo-womens-health.jp/learning/8_3.html
日経ヘルスプルミエ編・更年期の不安を解消
日経ヘルス エイジングに負けない!女性ホルモンを味方にする本